// adsense code ------------------------------------------------------------------- // adsense code -------------------------------------------------------------------

自律神経を整えながら動きやすいカラダに変えていく Step 1 ダイエットするぞ!と宣言をする

自律神経を整えながら動きやすいカラダに変えていく 

Step 1.  ダイエットするぞ!と宣言をする

 

ある日突然気がつく。 

最近、鏡を見ていないコトに。

 

もちろんまったく鏡をみていないわけではない。

トイレ・洗面所・ショーウインドウ

日常の中で探せば数えきれないほど鏡はいたるところにある。

自律神経バランスが崩れたことにより、体型も大きく崩れてしまった。

 

以前わたしは接客業をしていた。

 

仕事をしていた時は鏡を見ない時が来るなんて、

そんなことは考えられなかった。

 

ナチュラルメイクかな?

髪はキチンと結えている?

ストッキングは伝染していない?

パンプスきれいに磨いているかな?

制服のシワは大丈夫? などなど

 

仕事に入る前

お客様をお出迎えする前

手が空いた時など必ず

全身鏡でくまなくチェックしていた。

 

歯に口紅ついていないかな?

眉毛 消えていない?

アイラインは?

 

ニッと笑顔を鏡に映す

そんな時を約9年間過ごした。

 

事情があって仕事を辞めてから

知らぬ間に

徐々に身体が大きくなっていった。

 

たぶん気がついていたはず

なのに、

どうにかしようとは思わなったのかな?

 

今になって疑問が浮かぶ。

 

以前に比べたら規則正しい生活になったはずなのに

いつの間にか ゴムが入ったスカートやパンツ

下着もおへそが隠れるほうが安心感がある…

なんて苦しい言い訳をする。

 

二の腕プルプル 振袖が隠れるような袖が長めの半袖を選ぶ

お腹まわりを隠せるチュニックを選ぶ

 

靴だってヒールはもはや論外

できるだけ幅があるぺったんこを選び始める。

 

着たい服を着るのではなく

サイズがある服を着るしかなくなった。

 

もはや、おしゃれとは縁遠い生活。

 

テキパキと動くことがほとんどなくなり

メリハリある時間が減ってきた。

その分、カラダは大きく育っていく。

 

階段の昇り降りが辛い

ドタバタと一段ずつ足を運ぶ。

 

無意識にエレベーターやエスカレーターを探しはじめる。

 

挙句の果てに体調を崩し病院に行く羽目に。

 

血液検査も内心ビクビク

コレステロール値 大丈夫かな?

まさか糖尿なんてこと、ないよね?

内臓脂肪 そうとう手ごわいぞ!

 

病院に行くきっかけになったのは不正出血に驚いたからだった。

自律神経も乱れている、そう思って病院に行くことを決意。

 

よくよく鏡を見て自覚しはじめる。

 

「更年期は本当にたいへん」と話には聞いていた。

・急に汗がふき出す

・気分が重い

・モヤモヤすることが多い

・なんだかドキドキし始める

・なにもかも面倒くさい

・落ち込むようになった

 

わたしは人が言うほど辛い思いはしていない。

でも、歳相応

なんらかの形で現れるのかもしれない。

 

女性ホルモンのバランスが崩れ、歳を重ねるごとになんらかの不調があらわれる。

自律神経バランスを整えることができなくなってきた?

 

お肌の張りやシミ、ほうれい線が急に気になりはじめる。

電車の窓に映った自分の顔をみてギョッとしたこともある。

 

そんな時、わたしにも不調が襲ってきた。

 

今まで極力病院に行かなくてすんでいた。

でも、背に腹は代えられない

調子が悪いことを認めざるを得ない。

 

病院に行きたくない、でも行かないとダメだよね。

 

わたしが受診するのは婦人科。

 

婦人科行きたくない!

 

仕方ない、行こう。

 

病院を選ぶ。

一番重視してのは検査体制が整っているところ。

 

大きな病院は受診までに時間がかかる、待ち時間が多い。

でも、連携が取れているから早期に疑問を解決できる確率が高くなる。

 

特にココ3年の間に急激に太ってしまったという事実。

閉経前後にありがちだと先生は教えてくれた。

 

今回は婦人科の先生が内科の先生を紹介してくれて同じ日に検査を受けることができた。

 

通院し始めて約半年、毎月1度血液検査をし、数値を確かめる。

 

「このままだと脂肪肝が心配だね」

そう言われ、さすがに、今くい止めよう!と思った。

 

3年の間に激変してしまった自分のカラダと以前の写真を見比べながら

ようやくそう思えるようになってきた。

 

このまま何もしなかったら、今以上に動けなくなる。

 

ただ体重を落とすのではなく、

自律神経を整えながら自分が動きやすいカラダに変えていく。

 

そんな方法があることを知った。

 

で、

ついにダイエットに取り組むことにしたのです。

 

歳相応のダイエットの仕方がある。

しかも、自律神経を整えながら。

 

若い頃は一食抜けばなんとか元に戻った。

目標を決めてガンバルこともできた。

たとえば、海に行くとか。

 

今は一食抜いたくらいじゃビクともしない。

特にお腹の周りが痛々しい。

 

とにかく、『やるしかない』まで追い込まれている。

 

でも、途中であきらめるかも…

 

それは、何がなんでも避けたい。

だから、ダイエットを公にしようと思った。

 

そうしたら、いやでもダイエット中だということを意識するだろう。

とりあえず3か月、続けてみる。

 

どなたかご一緒してくれる人がいたら、なお嬉しい

そう思います。

 

今回は

Step. 1 ダイエットするぞ!と宣言をする

でした!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

愛をこめて

 

関連記事

  1. 自律神経を整えながら動きやすいカラダに変えていく  Step.2 鏡…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。