「夢は夜開く」これは本当にあることだと思います!


わたしはよく夢を見ます!

先日ある人が我が家を訪ねて来てくれました

その1ヶ月ほど前、彼女と会ってなんやら話をしている夢を見ました

わたしから連絡するのか、彼女から連絡があるのか、どっちかな?

と思っていたら彼女から連絡がありました。

そんなに親しくしていたわけではなかったのですが、夢を見た時

こんな日が来ることはわかっていたのです

夢を見ることについてのアドバイスを素直に受け止める

彼女から連絡はFacebookのメッセージを通してありました

わたしは人付き合いがあまり得意ではありませんでした。

できるだけ、避けていた・関わらないようにしてきた、という方が正しいと思います

仲良くなりかけると、なぜか関係が崩れるというのか、うまくいかないことがここ数年多かったからです。

表面だけのお付き合いの方が楽だと思っていました。

彼女はとても聡明な女性で私よりも少しお姉さん

いつもきれいにメイクして、ゴージャスな感じの人なんです。

我が家までの道のり2時間強、わざわざどうして?

と思いながらもずっと仲が良かった人みたいに話ができたのには驚きました。

それは、で親しく話をしていたからだと思います

話の内容はわからないのですが、夢から覚めた時 妙にスッキリとした感覚を覚えています。

夢と同じようにランチを食べに行くことになりました。

話をすると不思議なことばかり

彼女の話に思い当たることがあまりのも多くて驚くばかりです。

そこで、彼女に夢の話をしてみたら、口をあんぐり開けながらも聞いてくれました。

わたしが話しを終えるとニッコリ微笑んで、

「夢で見たことを書き留めておいたらいいよ」と言いました。

なるほど~

妙に素直に納得するわたしでした。

この日は不思議なことばかり

夢でみたことが、あと2つ。

現実として目の前に現れたのです。

正直混乱気味。

そんなこともあってか、

彼女からの夢を見ることについてのアドバイスを素直に受け止めることができました。

 「さぁ行くぞ!」と野太い男の人の声にビックリ仰天

彼女と話をしている夢を見る前、こんなこともありました。

夜中にどこからか「見つからないだろう?」という声で目が覚めました。

何か探していたのか、心当たりはありません。

そんなことを言われたからか、その日から『なにか』を探している感じがいつもありました。

なんなのかわからないのに、無意識に何かを探しているのです。

わたしは自分の直観を信じています。

それは、人付き合いが得意ではないと気がついてからなのですが、

人に対してガッカリしたり、

人のことを気にしたり。

人と話をするとき、言葉にずいぶん気を使っていました。

自分のことよりも人のことを優先にするクセがありました。

単なるわたしの思い込みかもしれませんが。

人のことでストレスを抱えるのなら不要な付き合いはやめようと思うようになりました。

もちろんすべてではなく4分の1くらいにしたのです。

それでもさほど支障はなく。

それよりも交際費も4分の1になり、自分の時間も増えました。

これは嬉しかったですね

余談ですが。

50代の女性の中には自分には友達がいないと寂しくかんじている方が多いようです。

もう少し歳を重ねると忙しくなることもあるかもしれません。

今持てるひとりに時間も楽しめたらステキだと思いませんか?

スミマセン 話を戻しましょう

「さぁ行くぞ!」の声を聞いた翌朝から何かを探す必要がなくなった気がしました。

それ以来、気持ちがシャキッとしています。

なによりも以前にも増して自分の直観をもっと信じようと思いはじめました。

 夢は見ない方がいいという人もいますが本当なのか?

通常私たちは、夜眠ってから朝起きるまで4回程「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」をくりかえしているそうです。

「レム睡眠」の時に夢をみていると言われています

その中でもストーリーのある夢を見ることも多いようです

カラダは寝ているけど脳は起きているからみたいです

「夢占い」もあるくらいですからさまざまな夢に意味があるのではないでしょうか

わたしは溝に落ちそうな夢をみたり、何かの合図がある夢を見るとき、すぐに目が覚めます

その時はやはりストーリーがある夢になっています。

途中、急にストーリーが変わるときもあります

目が覚めてもう一度同じ夢を見たいと思っても無理な場合が多い気がします

ちなみに、犬も人間と同じで夢を見るようです

誰も(動物も)が夢は見ているようです。

眠りから覚めた時に覚えているか覚えていないかの違いはあるにしろ、夢を見ているのですね。

正夢ははっきりと覚えている夢のことで、夢にみたままの事が現実にも起きます。

何度も同じ夢を見る。

内容を細かく覚えている

遠い未来のことではなく、比較的早い時期、数日後とかに同じことが起こる。

という特長があります

いい夢を見た時は誰にも言わない方が良いともいわれていますね。

いい夢をみたはずなのに、嬉しさのあまり誰かに話をしたら残念ながら悪いことが起きた。

というような反転現象も起こりえるそうです

それはちょっと困りますね

もしかしたら、夢は見ない方がいいのではなく、良い夢を見た時誰かに話さない方がいいというのが正解かもしれません。

 まとめ

私たちは毎日夢を見ています。

その夢を覚えているか覚えていないかはあるにしろ夢を見るのです

夢が現実に起きることもあります。

不思議な夢もみます。

朝起きた時、おぼえている限りの夢をノートに書いておけば、夢がつながるときもあります。

ノートに書いたものを後から見直すのもけっこう楽しそうです

よかったら、あなたも夢日記をつけてみませんか

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

愛をこめて

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。