ダメな男と別れる方法

いつも同じようなところで、つまずく。

なぜか同じような選択をしてしまう。

どうして?

またやっちゃった!

そんなグルグル人生を送っていませんか?

 

どうして、ダメンズばかり愛してしまうのだろう?

 

同じようにつまずくんだけど、

 

たとえば仕事。

たとえば人間関係。

たとえばお金。

 

いろんなつまずき方がありますよね。

 

今回は人間関係。

どうして?
ダメンズばかり愛してしまうのだろう?

 

というお悩みです。

 

彼女、仮にCさんとします。

 

Cさんはとても個性豊か。

 

初めて会ったのは7年ぐらい前の夜。

 

11月の寒い日の22時過ぎ。

近所のスーパーで出会いました。

 

スラリとした体形で足が長い。

 

髪をお団子にしているからか、

170センチありそうな感じでした。

 

大きなネコちゃんの???

パジャマ⁉

 

素足にサンダル。

 

第一印象は”変わった子だなぁ”でした。

 

店内には買い物客は少ないものの

ざっと見て、20人はいる。

 

リンゴを手に取りながら

どれにしようか悩んでいる彼女を見ながら

他の人たちも苦笑している。

 

2週間ほどすると、Cさんとまたバッタリ会いました。

 

その日、わたしは友だちとランチをしていたのです。

 

子どものお迎えまで少し時間があったので、

「もう一杯コーヒーを飲んでから帰るね」

 

と、ひとり本を読んでいたところに。

 

突然Cさんがわたしの前に座ったのです。

???

 

Cさんは「この席お気に入りなんです」

 

そう言って「パスタセットください」と注文。

 

つい、聞いてしまいました。

 

「ここでコーヒー飲んでいてもいいかしら?」

そうしたら、「いいですよ」という返事。

 

席を替わるのもめんどくさいし、

まだお迎えの時間には早いから

満席でもないのに、そのまま相席というカタチになりました。

 

Cさんはサラダを食べ終わるとおもむろにこう言ったのです。

 

「あのぉ、わたしって男運悪いみたいで…」

 

???

 

思わず聞いちゃいました。

 

「誰に話しているの?」

 

その問いに答えることなく、話し続けます。

 

「よく言われるダメンズばかり愛してしまうんですよ。

 どうしてだと思います?」

 

初対面の相手にそんなこと打ち明けるのもどうしたものかと思いながらも。

 

つい話を聞いているわたしもどうしたものか。

 

子どもを迎えに行く時間が来て、わたしは早々に退散したのですが。

 

ホントに変わった子、

でもなんだか憎めない感じを受けました。

 

お金貸してくんない?と家の前で待っている男

 

何度か顔を合わすことがあり、Cさんのことがわかってきました。

 

わたしの息子よりひとつ年下。

家も近いこともあり、

たまにランチするほどいつの間にか仲良しに。

 

その日の彼女はまた変わっていました。

 

駅から続く遊歩道を裸足で歩いていたのです。

 

「どうしたの?」と聞いたら靴擦れで足が痛いというのです。

 

彼女の家の前に、暗い中ポツンと座っている男の姿がありました。

 

「さっきはゴメン」男があやまりました。

 

どうやら少し前まで一緒にいたみたいです。

 

事もあろうに男は続けます。

「電車代ないからお金貸して、できれば2万くらい」

 

ヒョロリとして頼りない感じの男。

 

Cさんは「今日は泊まっていって」

そう言いながらふたりで家に入っていきました。

 

えぇっーーー⁇

 

ドン引きしながら私も家に帰ったのです。

 

しばらくしてCさんは引っ越してしまいました

 

ダメな男と別れたい! とやっと言えた

 

Cさんが引っ越して3年ほどたった時、突然連絡が来ました。

 

ランチどうですか? と。

 

有楽町のお店で久しぶりに会うことに。

話すことも、ちょっと大人になったみたい。

 

話題は男のはなしに。

 

3年間の間に他の人とも付き合った。

 

その人は束縛男。

 

耐えられなくて父親に相談、どうにか別れたそうです。

 

『お金貸して男』とは10年、いまだに続いているという。

この男には500万くらい貸しているそうです。

 

「どうして?」と聞くとようやく「別れたいんです」と言えた。

 

でも10年間ずるずるとした関係を持っていたのに。

はたして別れられるのか。

 

「どうにかして別れたい」の裏には
父親が紹介してくれた人の影が見えました。

そこで、どうしたら別れられるか、ふたりで考えました。

 

そして、ケリをつけるために男のものを捨ててしまう。

とCさんは決めました。

 

家の中にある歯ブラシからギターまで。

 

ゴミに出せるものはゴミの日に。

 

ギターは買い取ってくれるお店に持ち込みました。

 

長野にある諏訪大社のお守り。

 

これを捨てるのはバチが当たりそうで怖いということで、

一緒に諏訪大社まで納めに行って欲しいと言う。

 

せっかく決心したのだからと、次の日車で出かけました。

 

古いお守りを納めるまでCさんは2時間泣き続けました。

 

こうなったらトコトンつき合うよ、

温泉にゆっくり入って美味しいものを食べよう

と、当日ホテルを予約したのです。

 

温泉に浸かり、食べて飲んで、泣いて。

 

朝起きた時、

泣きはらした瞼を見てふたりで大笑いしたほどです。

 

でも、サッパリした感じにウソはなさそうでした。

 

こんなカタチの別れのセレモニー。

 

きっちり区切りをつけることができました。

しばらくして、届いた結婚式の案内状。

 

実家がある新潟で新しい生活をすると書いてありました。

 

ダメな男と別れる方法、Cさんの場合まとめ

 

☆お金は貸さない。

 

☆家にあるものを処分する。

 

☆家に入れない。

 

☆家に泊めない。

 

☆連絡を取らない。

 

☆相手に合わせない。

 

☆イヤなところを紙に書き出す。

 

☆思いっきり泣く。

 

☆二度と会わないと決める。

 

☆新しい男性とデートする。

 

このダメンズはCさんに執着していないことはあきらかでした。

 

Cさんがズルズルと関係を続けていたため『都合のいい女』と見られていたのです。

 

今回Cさんは本気で別れると決めて、わたしと一緒にお別れのセレモニー。

 

もうダメな男とつき合うことはない、そう笑いながら言っていました。

 

今や一児の母。

 

お父さんが選んだ人としあわせな毎日を送っているようです。

 

めでたしめでたし。

 

関連記事

  1. そんなこと、意味ないよ!って言うけどホントに意味はないのか?

  2. メガネの選び方で印象も変わる!リスタートにもってこいのアイテム

  3. リスタート ~不安のお掃除屋さん~

  4. リスタート~とらわれない生き方

  5. 逃げ癖

  6. 感情を整理してリスタートする

  7. 特別な1日! ご縁をつなぐ リスタート

  8. 夢をカタチにする!誰でもできる簡単なコトから始める

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。