そんなこと、意味ないよ!って言うけどホントに意味はないのか?

「そんなこと、意味ないよ!」わたしはこの言葉を何度も耳にしました。

以前、わたしもそのようなことを確かに言っていたのです。

自分の人生に関わることだとしたら、本当に意味のないことなんてあるのでしょうか?

 

何の為に意味なんか求めるんだ?人生はどう生きたいかだ、意味じゃない。

 

これは、イギリス出身の喜劇俳優でありコメディアン、監督も務めた

チャーリー・チャップリンの言葉です。

 

チャップリンは過酷な幼少期を過ごしています。

少し紹介させてください。

 

1889年、イギリス・ロンドンに生まれたチャーリー・チャップリン。

1歳の時にミュージック・ホールの歌手だった両親が離婚。

5歳の時、声が出なくなった母親の代わりに初舞台を踏む。

 

父親が死亡、母は精神異常のため収容所に。

4歳上の異父兄と共に孤児院などを転々とし、床屋、ガラス職人などを経験し

パントマイム劇の職に就く。

 

現在の日本という国において、

小さな子どもがこれほどの生活を強いられることはあまりないと思います。

本当は「ない!」と言いたいところですが、

残念ながら近年は言い切れない部分もあるのは否めません。

 

以前のわたしは、

自分の都合で「意味があること」と「意味がないこと」を分けていました。

 

好きなコト、興味があるコト、やりたいコト、には意味がある。

反対にキライなコト、興味がないコト、やりたくないコトは意味がない、

そんなふうに考えていた節があったのです。

 

特に「強制的に」とか、

「みんながやっているから」ということに対し

ひとり反発していた気がします。

 

ずいぶん前からチャップリンのこの言葉は知っていましたが、

夫が亡くなって途方に暮れていた時、

ふと思い出したのです。

 

『人生はどう生きたいかだ』

 

自分の人生に責任を持とう。

自分の人生を生き抜こう。

 

わたしはいったいどう生きたいのか?

そう考えるようになりました。

 

自分の人生において意味のないことなんてありえない。

すべて、必然であって意味があることなんだ。

ようやく、そう思えるようになったのです。

 

「そんなこと、意味ないよ」そんなことってどんなこと?

 

リスタートしたい人たちの中には、  

リスタートしたいけど、思うようにできない人がいます。

 

その人たちの多くは

「意味ない」という言葉をよく使う傾向がありました。

 

「どうしたらいいと思いますか?」

と、答えを求めてくる。

 

いろんな話の中で

「じゃぁ それやってみたらどう?」と提案しても、

やる前から意気消沈。

 

「それってやる意味あるんですかね?」

???

 

わたしが言ったことじゃなくて、

あなたが発した言葉から出たこと。

 

「そう考える意味はあるのか?」

そう言いたいのをグッと飲み込む。

 

そんなふうに言いたい気持ちが

わたしにはよくわかるからだ。

 

なにか変化を起こそうと思う時って、

今までの自分とは違うことをしなければいけない。

 

ということは、

さっきまでの自分ではいられないという事。

 

新しい世界に飛び込むのだから

自分の中で葛藤が起きる。

意識は当たり前に抵抗し全力で阻止しようとする。

 

「そんなこと、しなくてもいいんじゃない」

「今のままじゃいけないの?」

「本当にそんなこと、できるの?」

 

いろんな心の声が次々と湧いてきて、

自分の中で処理できなくなる。

そうすると

「意味があるのか?」という言葉にすり替わる。

 

絶対大丈夫!

確約!

 

何か保証されるものがないと

動けなくなる気持ちは痛いほどわかる。

 

でも、やってみてもいいじゃない。

やってみてわかることもたくさんあるし、

やってみた結果より、

やってみる過程の方が大切かもしれない。

 

人のことならいざ知らず、

自分のことは自分しか決められない。

自分で決めることに大きな意味がある。

 

最初はシブシブ、

そのうち真剣に考えはじめる。

 

「自分の人生に意味がないことなんて、

 はたしてあるのか?」

 

 

意味がないって決めた時点で、全てが止まってしまう

 

「意味がない」と「意味がある」

白と黒みたく

両極端しかないのか?

 

そのことに意義を見つけることができないのだろうか?

そこを考えることは重要だと思う。

 

価値についてキチンと考えてみる。

 

頭から決めつけないで、

その中にある価値の種を探してみる。

 

そうすると、

今まで見えなかったものがクローズアップされる。

 

気がつかなかったことが見えてくる。

 

意味がないと決めた時点で、

すべてが止まってしまう。

 

本当にリスタートを望むとしたならば、

自分自身に示さなければいけない。

 

どうしたいのか?

 

何を望むのか?

 

どうなりたいのか?

 

そこが分かった上で

意味がないのか、それともあるのか

見極めた方が良い。

 

私自身もそうだった。

 

50歳過ぎてようやくわかったこと。

経験した者として言えること。

 

チャーリー・チャップリンのように影響力はないけれど、

関わった人に必要ならば伝えたい。

 

本当に意味のないことだとしたら、

あなたはそんな場面には出会わない。

 

その人にとって必要なことしか起きないからだ。

 

もし、今あなたに不必要なことが起きているとしたら

あなた自身が自分で引き寄せているだけなのです。

関連記事

  1. 「美容院ジプシー」美容院を探す旅 ~リスタート~

  2. 特別な1日! ご縁をつなぐ リスタート

  3. 「毎日1%成長する!」ココからリスタートがはじまります

  4. リスタート ~不安のお掃除屋さん~

  5. リスタート ~とらわれない生き方~

  6. メガネの選び方で印象も変わる!リスタートにもってこいのアイテム

  7. 感情を整理してリスタートする

  8. 素直な感情を伝えることで自分を認めよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。